アドオン方式 −キャッシング用語集

アドオン方式

利息の計算方式で、あらかじめ元金に対して貸出期間と所定の年利率をかけて利息額を算出し、元金と利息の総額を割賦回数で割って毎回の返済額を決めるもの。

たとえば、
元金=10万円、アドオン料率=月0.6%、返済回数=10回とすると、利息の総額は、10万円×0.6%×10回=6000円で、毎月の返済金額は(10万円+6000円)÷10回=10600円となる。

この場合、アドオン年利は、アドオン月利0.6%×12ヶ月=7.2%となる。

アドオン金利を用いると毎月の返済額、返済利息総額などが簡単に算出できる利便があるが、アドオン方式は、元金が割賦返済されるにもかかわらず、利息は減らないものとして計算されるので、実質金利負担は表面金利を大きく上回る。このため、消費者の誤解を 生む恐れがあり、1972年の割賦販売法の改正では、アドオン金利の表示を禁止し、 実質年利のみの表示を義務付けている。