免責不許可事由−キャッシング用語集

免責不許可事由(rejecting reasons aginst discharge)

個人破産者から出された「免責の申立て」について、裁判所がこれを許可しない場合の事由。

破産法 366条ノ9によれば、

1.財産の隠匿
2.浪費
3.詐欺的借入れ
4.裁判所に対する虚偽の陳述
5.以前に「免責決定」を受けてから10年未満

などの場合には、破産者が「免責の申立て」を行なっても、裁判所は原則としてそれを許可しない。