利息制限法−キャッシング用語集

利息制限法

「お金を借りる際の”民法上の金利水準の上限を定めている法律」

上限金利 元本10万円未満20%、10万円から100万円18%、100万円以上15%、礼金・手数料の名目で徴収する金銭は利息とみなす。印紙代や保証料など契約にかかる経費は金利に入らない。